ヒムロのノビシロ

お手上げ主婦の奮闘日記 日々感じた事とか 時々重度自閉症児子育ての事とか 毒舌あーさんの事とか

誰か教えて❗️幽体離脱と金縛りの話。ただの日記⑥

f:id:himuro-nobishiro:20220720025127j:image

 

お手上げ主婦ヒムロです。

 

昨日の今日っていうか、一昨日の今日でアレなんですがね、幽体離脱と金縛りの体験を、いつかまた書くって書いたばかりなんですがね、今日書きます。

 

いやね、このブログ、もともと自閉症児の息子の子育て中心の雑記ブログにしようと思っていたのに、なぜか2記事目からオカルトよりになって行ってしまっていて、今日で6記事目なんですけど、今のところ全てオカルト系なので、もうオカルトをこの辺で終わらせようと思いましてね。

まぁ、イカ臭いとか言ってる時点で、なんか違うと思うんですけど、イカの話は4記事目の「霊を寄せ付けないものって何❓」です。

渾身かどうかはアレですけど、3000文字超えの、わりと熱い感じではあるので、読んで下さいね。

2記事目、3記事目も私的にはオススメします。

1記事目と5記事目は、どっちでもいいです。

 

 

 

 

ウソです。出来れば初めから全部読んで貰いたいです。

もうこの際、苦情も受け付けますので。

少しだけなら。

 

で、オカルト卒業します。っていうか、卒業したいわけ。

怖いの怖いし。

 

しかし、人生でこんなオカルトって言ったの初めてです。

オカルトオカルト言っていて今更なんですが、霊的なものはオカルトジャンルになるんでしょうか?スピリチュアル?

間違えていたらすみません。

小心者なので。

 

たぶん一生分のオカルトを言いました。

 

この、前置きの段階で何人か去っているかと思いますけど、ここまで読めたなら、大丈夫かと思いますので、1〜6、全記事もよろしくお願いします。

もう、1話〜6話ってタイトルに追加しようかなって思う位、私の中では続いてるので。

 

結局、わりと直ぐにタイトルにナンバー振りました。

 

himuro-nobishiro.hatenablog.com

 

himuro-nobishiro.hatenablog.com

 

himuro-nobishiro.hatenablog.com

 

himuro-nobishiro.hatenablog.com

 

himuro-nobishiro.hatenablog.com

 

 

で、昨日、ブログ開始10日目にして、たぶん身近な友人と私以外で、初めて記事を読んで貰い、☆頂きました。

しかも、お二人に。

スターって、貰えると嬉しいですね。

私もお二人のブログを見に行き、面白かったので、他の記事も読みたいなと思い、読者登録しました。

 

前回の5記事目、何のプラスにもならない日記を読んで下さり、本当に嬉しかったです!

本当の意味でのアクセスもゼロじゃなくなりました㊗️

嬉しい!

ありがとうございます!!!

 

 

 

で、幽体離脱の話です。

私の場合は、いつの間にか離脱していて、いつの間にか戻っているのがほとんどです。

離脱は、4歳頃から度々あり、大人になってからは、数える程しかありません。

宙に浮いてはいるんですが、やけに低空飛行で、常に5〜10センチ位浮きながらゆっくり進む感じで、子供の頃は平泳ぎをしたり、片足で蹴りながら風船のように跳ねながら進んだりしていました。

高く飛ぼうとしても、天井位までしか上がれず、天井を突き抜けるような事もなく、壁をすり抜ける事は大人になってもありません。

なんか道徳心が邪魔をしてトライしていません。

っていうか、ただのビビりです。

 

幼い頃、外で近所のお姉ちゃん達と遊んでいる時に、実は空飛べるんだよーってアピールしてました。

もうガン無視なわけ。

夢との区別がはっきりしていないものの、いつしか自分は空を飛ぶ夢を見ていたんだと思うようになっていました。

 

が、ある夜、家族みんなが眠っている時に見てしまったんです。

その中にいる自分を。

もうね、隙だらけで呑気に寝てるわけ。

 

健康ぶら下がり機の辺りから見下ろし、あれ?なんで?って不思議に感じた記憶が鮮明に残っています。

幽体離脱という言葉を知るまでは、ずっと疑問に思っていました。

 

大人になってからは、眠っている自分を上から見下ろし、寝ている自分と浮いている自分を鏡越しに見た事があります。

離脱してるけど、鏡に映るんだなぁと思いながらも、このまま戻れなくなったらどうしよう…と考えていました。

噂に怯えてあっちこっち行ったりとか、楽しむどころではない感じで、早々終了していました。

無自覚に。

 

ここ最近5年程前からは、半分体から脱けかけて奮闘するも、脱け切れず寝落ちするパターンです。

なんか怖いくせに、ちょっとやってみよっかなーって気になってしまう自分が恐ろしいです。

 

金縛りは、高校のマラソン大会後に、凄く身体が疲れたのをきっかけに、度々起こるようになりました。

私の場合、耳鳴りのような感じから始まり、

これから起こるであろう予感があります。

何かが近づいて来る、来るーー!!っっていう気配と、お腹の上に何かが乗っている感覚があります。

時にフミフミされてる感もあったりします。

これがめちゃ怖いわけ。

 

体も動かず声も出せないですが、気配を感じてしまうので、金縛りは私的に恐怖でしかないです。

たとえ幻覚であろうと、何も見たくないので、ただひたすら必死に目を閉じるようにしてます。

 

ある時、金縛りではないですが、顔の近くで凄い気配を感じました。

そこにいるーーっていう確信があるのですが、全く怖くなかった為、今日は勝てる気がする!って思い、思いきって目を開けてみたら、

 

息子でした。 

めちゃカワイイ。

 

で、気配を感じる感覚は間違ってないと自分では思っていて、背後の虫にすら気付ける動物的な勘が働く方なんですけど、ダンナの気配には全くもって気付けません。

気配を消す人って何者ですか?

 

誰か教えて欲しいです。

 

で、金縛りは睡眠不足や身体が疲れている時に起こる事が多いので、脳が錯覚を起こして幻聴や幻覚を見せるという説も納得がいきます。

ただ、あの、いる!っていう気配は何でしょう…それも幻覚なんでしょうか?

 

これも誰か教えて欲しいです。

 

で、幽体離脱は明晰夢(夢だと自覚している夢)に近いものがあるのかな?とは思っているんですが、夢の中でこりゃ夢だわ…と気付く事もわりとあるので、なんか腑に落ちない気もします。

幽体離脱って、本当のところ何ですか?

 

これも誰か教えて欲しいです。

 

 

そんでもって、何一つとして真実がわからないという結果になっております。

 

もうこの際、金縛りにしろ、ポルターガイストにしろ、怖いと思わないようになる方法を

誰か教えて欲しいです。

 

私、なんか質問する所、間違えてます?